インタビュー麺屋武蔵山三三宅

  • 三宅信也三宅信也

    株式会社山三三宅
    代表取締役社長

  • 矢都木 二郎矢都木 二郎

    株式会社麺屋武蔵
    代表取締役社長

三宅
「麺屋武蔵様用に製作したどんぶりの中でも特に目を惹くのはこの「金の器」ですね。(写真右)」



矢都木社長
『山三三宅の造るどんぶリは、メニューのインスピレーションが湧きやすいです。特にこの「金の器」は様々なメニューの発想ができ、このどんぶりに合わせたメニュー開発が奏功し、多くのメディアに注目を集めることができました。』



三宅
「これは特に目立ちますね。でも、麺屋武蔵様のラーメンが最も似合う器でもあると思います。いつも斬新で人々を飽きさせない、どこか麺屋武蔵様の生き様のようなものが映し出されているようなどんぶりができたなと感じています。」



矢都木社長
『このどんぶりを見ていると、特別メニュー開発の意欲が湧くんです。』



三宅
「特別メニュー、何か期間限定なものですか?」



矢都木社長
『期間限定や旬なものを食材に使うメニューはもちろん、海外の人にも喜んでもらえるエンターテイメント性を取り入れた一杯のようなイメージです。』



三宅
「このお店は特に、“和”の部分がカッコよく切り取られ、海外の方が喜びそうですよね。」



矢都木社長
『おっしゃる通りです。海外の方はお店に入った瞬間、日本の伝統を感じられる店内の内装、そして見たことない、山三三宅のどんぶりでたべられるラーメンは大好評です。』



三宅
「私たちのどんぶりは海外にもファンがいて、世界各国で愛されているので、実際に使用して喜んでいるということは、嬉しい限りです。」



矢都木社長
『山三三宅のいいところは他にも、幅広い提案力や耐久性もあると思います。そのため、どんぶり以外の器や、海外店舗の器も山三三宅製品をオーダーしています。』



三宅
「ありがとうございます。麺屋武蔵様の全て店舗において関わらせていただき、光栄です。今後ともよろしくお願いします。」



矢都木社長
『こちらこそ、ありがとうございます。今後もうちのラーメンを一番美味しく食べられる器として、サポートお願いします』



あとがき
矢都木社長は、つるとんたんや海外出店社など“儲かっている他店”との情報交換を通し、勝ちにこだわり、勝ち続けていくための情熱を注ぎ続けていらっしゃいます。
弊社は今後も、麺屋武蔵をサポートさせていただきます。
対談風景
麺屋武蔵について麺屋武蔵について

株式会社麺屋武蔵は、都内で何店舗もの勝ち組ラーメン店を運営するグループ。
店舗デザイン等に強いこだわりと楽しさがあり、他店と一線を画す演出で人気。
店舗ごとに独創的な一杯を次々と生み出し、どんぶりも店舗ごとにオリジナルデザインを採用。どんぶりとラーメンのコラボレーションが多くのファンを惹き寄せる。

矢都木社長について矢都木社長について

2013年11月、先代社長からバトンを受け2代目の、代表取締役社長に就任する。
店舗採用からCEOにまで上り詰めた、優れた手腕を持つ社長。