Japan国内で使われている山三三宅のどんぶり

美味しさのこだわりは器の美しさと造形に現れます。
長期間業務用に供されてもおろしたての美しさを維持する高い品質、オーナーのこだわりを具現化した彩色と形状、収益性に貢献するどんぶりの容量など豊富な経験と知識で、多くのラーメン店、レストランオーナーのご支持を頂いています。

【コラム】 2020/12/18
 富山のラーメン店さんからの依頼でどんぶりを作成中です。
今まで他社で作ってみえましたが、よく割れるという事で、強度のある弊社のどんぶりに変えたいというご相談を受けました。
 既存のどんぶりのロゴが特殊な色でしたので、弊社で色を作成、焼成テストをして色の配合を決めていきます。
色の確認ができれば、弊社で調合した顔料を転写メーカーに持込みロゴを作成してもらいます。
【店舗情報】
麺堂香 高城店
大分県大分市日吉町1-22
https://mendoukaori.com/

【うつわ情報】
形 状:★5.8丸丼
釉 薬:★塗分け
    (フチを残して内外共に赤釉で塗る)

【コメント】
子供用のどんぶりとして現在お店で使っているものを元に作成しました。
大分県の形をした金(雲母金)の部分は、特殊技術により発色が従来のものよりも良い顔料を使用しています。
【店舗情報】
長浜将軍那珂川本店
福岡県那珂川市恵子1-7
https://yamanami39.com

【うつわ情報】
形状 1:★6.8 リム腰丼底上げ
形状 2:★5.8丸丼
釉 薬:★塗分け
    (外側フチを1cm残して赤釉で塗る)
    ※形状1,2共に

【コメント】
弊社の基本形状では容量が少し多いということで、底上げをして容積の調整をした特注の生地を作成しました。
釉薬もフチ1cmを残して外側を赤釉で塗る特別仕様です。